注文住宅新築完成見学会!(熟年夫婦が住みやすい平屋の家)

最大70%の揺れを吸収する「耐震ユニット」MIRAIE(ミライエ)

耐震ユニット ミライエ
キラーパルス

地震の揺れがやや短周期の地震動であったときに、木造住宅との共振現象を引き起こし建物に対して予想以上の大きな被害をもたらすことがあります。
過去の研究から少しずつ知られてきているこの地震波は「キラーパルス」と呼ばれ、このキラーパルスへの対策として多くの地震対策技術が考えられており、「制震技術」が今最も注目されている地震対策技術なのです。

耐震という技術

 

戸建て住宅の地震対策には大きく3種類あります。地震に耐える「耐震構造」が現在の主流で「免震構造」という地震力から免れる技術が新しく最も効果が高いとされています。しかし免震構造は地盤条件や費用が高く、導入が難しいのが現状です。そこで新しく登場した「制振構造」というつくりが今注目されています。

耐震・免震・制震構造

制震が見直される理由

制震

制震

 

「制震技術」というのは、この「ダメージが発生する部分」をコントロールしようというものです。住宅のどの部分で起きるか分らない破壊を、「制震システム」へと意図的に集中させるのです。エネルギー吸収性に優れ、かつ、復元性の高い素材。エネルギーを吸収することで一度は「壊れた状態」になるが、高い復元性によって「壊れる前に近い状態」に戻る素材が求められるのです。その意味で、作用部位に使用されている材質は「非常に硬い特殊なゴム」というのが、制震システムとして最適素材であると言えるでしょう。

 

制震

 

実物大の住宅に対して擬似的に地震衝撃を与える「実大振動台実験」では、建築基準法で想定している大地震波(BSL波)や阪神淡路大震災と同じ地震波(JMA神戸NS波)の揺れを大幅に低減し、繰り返しの地震衝撃に対しても強いことが証明されています。つまり、数回の地震を受けても高い性能を発揮し、繰り返し襲ってくる「余震」にも強いと考えられます。これからの地震に強い家づくりでは「制震システム」の必要性が高まり、新築の検討材料としては非常に良い技術と言えるでしょう。

3つのメカニズム