JIOの10年保証

住まいの欠陥は建ててからわかるケースがほとんどです
建ててしまった後からでは、原因を探ることも、補修をすることも大変。欠陥住宅を防ぐには、建築中にきちんとチェックする必要があります。 でも、お施主様が毎日現場に出向くことはほとんど不可能ですし、専門家でない方が見てもわからないことが多いのです。
そこで!検査・保証の専門機関である JIOが、お施主様に代わって建築現場を検査し、長期にわたって保証することで「安心の住まい」を実現します。

地盤調査を実施し基礎の仕様を提案、着工後に4回の現場検査を行います
最初にすべての現場の地盤調査を実施し、建築後に建物が傾く(不同沈下)などの欠陥が発生しないような基礎の仕様を提案します。
着工したら、基礎の鉄筋の径やピッチが画面どおりかを調べる「基礎配筋検査」、屋根や壁を支える土台や柱などの材質・施工方法などを調べる「構造体検査」、外壁を仕上げる前の防水処理などを調べる「外装下地検査」、外壁材、外部貫通部配管の防水処理を中心に調べる「完了検査」の4回の現場検査を実施。欠陥住宅の発生する隙をつくりません。
JIOの10年保証
JIOの10年保証

地盤検査と基礎仕様の提案
地震に強く長持ちする家を建てるためには、建物本体を強い構造にすることに加えて、基礎が地盤の状況に合っていることが大切です。まず、地盤の特性に適合した、基礎の形状を提案するために、建設地の地盤調査をおこないます。

  1. 基礎配筋検査
    建物をしっかり支えるために必要な足元の基礎コンクリート部分です。コンクリートで固めてしまうと、見えなくなってしまうので、その前に鉄筋の太さや配置が図面どおりに組まれているかをチェックします。
  2. 構造体検査
    主要な構造部をJIO専属の建築士が細かくチェックします。家を支える柱や耐力壁の位置は図面通りか、横揺れを防ぐ「筋かい」は図面通り配置され適正に取り付けられているか、木材の水分は25%以下になっているか(木造在来工法の場合)、など通常一般の人では分からないチェックポイントをしっかり検査します。
  3. 外装下地検査
    外壁を貼ると見えなくなってしまう外壁下地の防水シートの重ね代が規定以上設けられているか、防水テープやコーキングが適切に処理されているかなど、雨水の浸入を防ぐ部分を主に検査します。
  4. 完了検査
    雨水の浸入を防ぐため、外壁の防水処理(貫通配管など)やバルコニーが設計図通りになっているかをチェックします。室内のフローリングやキッチンなどの設備チェックではありません。

検査のたびに報告書をお渡し
建物の完成後は見えなくなってしまう基礎や構造体部分もきちんと確認できるように、検査結果はすべて写真入報告書でお渡しします。
初回の報告書と一緒に「検査報告書ファイル」を施主様にお送り致しますので、検査ごとに送られてくる報告書はこのファイルに保存しておいてください。
(注文住宅コースの場合)
※分譲住宅コースの場合は、検査が完了後全4回の報告書をお渡しします。

JIOの10年保証
JIOの10年保証

国土交通省認定のJIO

セオケンホームは日本住宅保証機構(JIO)加盟店です。
工事後も責任を持ったメンテナンスで、アフターケア万全です。
公正中立な第三者機関であるJIOの検査・保証で、10年間お住まいを保証致します。
JIOの10年保証